★ダウンロードできる無料型紙はこちら★

2016年10月22日

スェーデンシェブロン柄と倉敷デニム

す秋向けに、少し作り方を変えて作ってみた小型トートです。

モノトーンで 秋服にあいやすい用に。

そして、小型ゆえの外ポケットの小ささを解消するために

両側、ポケット口の広くなるアオリポケットにしました。



10AED75C-F4D2-472F-9C47-D6AD812B956C.jpg

今流行りの、あおりポケットは、
ファスナーを開けなくても、外側にたっぷりの収納が出来るというデザインで、

こちらは、文庫本や、母子手帳などが、
すっぽり収まる大きさです。

DBBDCA69-E6D1-4057-A938-27A971E92A3E.jpg


また、サイドポケットのラインを、底から垂直に向かっていたものを、
外側に向けて斜めに織り込んでいます。

少しだけで
今流行りの、外広がりの形にしています。

11A35960-C035-499B-ACF2-0779113B29EC.jpg

10/27までなら、
あいことばクーポン取得して、
5%OFFです!!




posted by risanagisa at 07:55 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

ラッパ袖 ベル袖 簡単作り方

この夏も かなりご注文をいただいて

すっかりこのブログも ほったらかしになっていました。

でも、そんなブログでも 毎日1000人以上の方が訪れて検索してくださっています。

やっぱり、少し頑張ろう!と涼しくなってきたこの頃
決意しました。

で、この秋のトレンド

袖口に向かって広がる袖 ラッパ袖やベル袖の展開方法をアップしました。

ラッパ袖 ベル袖 簡単作り方




レトロな雰囲気が魅力的ですね。

既存のお気に入りの袖があれば
ハサミとセロテープでできてしまう 簡単な
型紙アレンジ法です。


新しいバッグもアップしました♪
F0FA9C5C-924C-4659-B22D-43CE30239218.jpg
posted by risanagisa at 22:24 | Comment(0) | 作り方 製図ポイントテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

富岡製糸場が、世界遺産に登録されたわけ

念願の富岡製糸場に行ってきましたー!

日本の繊維産業なついて、一度は行って勉強してみたかったのですが、
富岡製糸場は、期待を裏切りませんでした9D2906C9-D951-47C6-802A-B8C46BE09951.jpg

入るとすぐに、有料ガイドの案内があり、30分おきに開催してくれています。

もちろん、参加しました。

20人位を案内するのですが、その声が聞き取りやすいように、一人一人にイヤホンが渡されます。

19AE3030-68A9-45B6-BCAA-061095DB5DA0.jpg
日本の近代産業のはじまり、
繊維産業の近代化
だけでなく、

なぜ、世界遺産に登録されたのか、その理由や
日本の絹が、世界に誇るものだということなど、

とてもわかりやすく暑く語ってくださいました。

BD744BBC-7301-4392-BE4F-DAE434FF3086.jpg13852BFB-66AD-493F-B212-310CCDAA119C.jpg


当時 働く女工さんを集めるのに、
ワインを飲むフランス人の指導者ということで、若い女性は生き血を吸われると噂が立ち、人が集まらず、とても苦労したとの事。

そんな時代だったんですね。

彼女達は寄宿生活でした。

6AE97AFE-F5B3-4E75-B7E8-1B458417C11D.jpg



残念な事に、ポリエステルや合繊の台頭で
養蚕産業は 衰退の道をたどっています。

でも、最近話題になった  光るドレス!

遺伝子組み換え蚕で、
初めから色糸を吐き出す蚕ができるように。

今回の見学で、富岡製糸場は
当時の最高の技術、
最高の待遇、

その技術を、日本人の手で、フランス、イタリア、イギリスなどの
世界とコミニュケーションを取りながら
100年以上の間進化し続けて、
日本をひっばって行ったことが
登録された本当の理由なのですね。



何とか、新しい技術で、驚きと美しさを、与えてほしいものです。


遺伝子組み換え蚕について



posted by risanagisa at 17:50 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

【Sサイズ 】 リボンドレープブラウス


ひさしぶりにSサイズのオーダーをいただきました。


若いころサイズ展開のアパレルにもいたので、
Sサイズ Lサイズの特徴などを復習しました。


デザインはななめリボンドレープブラウス

719083C1-AF85-4825-9EBC-B273ED3BA155.jpg

基本的にSサイズの方は  襟ぐりをあまり開けたくないことが多いのですが
この方は、襟ぐりは横にひろめ、

でもバスト寸を10CM以上詰めるものでした。

このブラウスは立体裁断で パターンを作ったものなので、
また立体裁断をする、というのは、ちょっと時間的に無理。

今ある型紙を 展開することにしました。

方法は 型紙を並行水平にずらす方法

子供アンサンブル グレーディングを利用してサイズ展開


に書いてあるような感じで、主要なラインを引き 平行に型紙をずらしてサイズを
小さくしていきます。

たとえば

バスト120を110にするなら、10cm  左右前後の縦 バストあたりの線で4本
脇線 4か所  計8か所に分散できます。

そうすると それぞれ1.2cmくらい。

これなら、脇のカーブやリボンのラインも無理なく書き換えられます。

あと、腕が細くなるので 袖周りを若小さめに。
リボンの長さは 雰囲気で結んでみて長すぎないように。太さは少し削ります。

丈はお客様のご希望通りに設定しました。

通常サイズと比べると こんなに大きさが変わります。


407AA043-1863-478E-9F16-B8FF1137C9C4.jpg




おかげで うまく行ったみたいです。

>サイズ変更に応じていただきありがとうございました。ガウチョ、ショートパンツ、スカート、ジーンズ、何にでも合わせられます🍀
バックも使いやすそうで、STOF社のストライプ気に入りました。


今年トレンドの短い丈にしたのも大正解だったようです♪

Mサイズボディにはぴったりな感じです
https://minne.com/items/5605459


1624A6FC-E126-4A3E-971E-04G8A07CA045.jpg



posted by risanagisa at 11:12 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする