★ダウンロードできる無料型紙はこちら★

2018年04月08日

車椅子バギー対応持ち手付け替えの4つポケットトート

車椅子バギー対応 フランスSTOF社の4つポケットトート
早速完売してしまいました!



8D1496E5-2C66-43D2-A337-53E0F50FE3B7.jpgB40E6D5C-D5DC-4F83-A8C3-0230C36F14C3.jpg

外へ出かけたくなる季節、服を着替えるように、バッグも着替えるんですね。

新生活に彩りを添えられるよう、
バッグも最終チェックでおめかしして、
お出かけです。


ありがとうございます


グリーンごきになる今年は、
ツイストコクーンもグリーンで作ってしまいました





8544982C-D93C-4C32-BD22-957D8FC26C38.jpg




【車椅子バギーバッグの最新記事】
posted by risanagisa at 17:21 | Comment(0) | 車椅子バギーバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

仏Stof社ストライプの車椅子バギー対応3way4つポケットトート完成!


なかなか手がつけられなかった、車椅子やバギーの両手に掛けられる持ち手がはずせる4つポケット  ようやく完成しました!

AD1685D4-F6D0-43D8-A941-79985AF3BB00.jpg

フランスのインテリア生地メーカーSTOF社のストライプと、がっちりな8号キャンバスを使用しているのは、今までと同じ。

持ち手をナスカンではずせる様に、別で作っています。
バッグの前後に持ち手を付け替えると…

11F25BF0-BDD2-480B-9755-EBA27D553181.jpgBBAB739E-F532-4D2D-A776-F6A7637D8232.jpg

この様に、すっきりと後ろに収まります。
ファスナー付きなので、見えなくても安心です。

貴重品、お財布とケータイ、鍵などが入るサイドバッグも、お揃いで付けました。

腕のところにマジックテープで固定さできます。

通常に使用する方は、なんと移動中なら、
バッグに取り付けて、すぐに取り出せるサブバッグにも。もちろんバッグインバッグにもなりますね。

マグネットが付いているので安心。
AA68BB45-A59F-4643-8028-BD58A0D0F7C4.jpg


A4ファイル、タブレットや、pcもすっぽり入る大容量
0503E565-DEC6-41DF-9DA7-18B583DAC05A.jpg

これから、minne布職人 one to one
や、
でも、販売予定です。

やっぱりBAGは、ウキウキしながら作ってます❤️
posted by risanagisa at 09:58 | Comment(0) | handicapped clothing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

楽のびJacjet

昨年も参加させていただいたコウフク塾は、衣服を通してバリアフリーを考えよう、というコウフク塾

今回は、みんなの成果を展示したコウフクのカタチ展になりました。

今回は、車椅子をスイスイと操り、落語家、セミナーと活躍されている ひばりさんのジャケットを担当。

人前に出て、きちんとした格好でおしゃれを楽しみたいひばりさんのジャケットは、ストレッチもない体にフィットしたテーラード。

両腕とも強い硬直があるので、細い袖に腕を通すのは、なかなかの至難の技です。

寒い中で一汗かきました。

これを少しでも楽にしたい、ヘルパーさんにも楽させたいという優しいひばりさん。

見た目を変えないということで、今回はひし形脇パーツ挟み込みを実施。

厚手のコットンカットソーをひし形に合わせ、裏地も外して脇にはめ込みます。

腕の上がりと肘の通りが格段に良くなります。これは展示用に赤い刺繍糸で。

なんか可愛い…!

着てみると全くわからずスッキリしているのに、[腕がとても楽です]と。

前にもこのリフォームをしましたが、今回は、実際に自分で着せてみて、やはり、腕を通すことは、とても大事な部分取り実感!

ひばりさんと考えたタイトル

『楽のびJacket』です。

posted by risanagisa at 08:35 | Comment(0) | handicapped clothing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

パレスチナ女性刺繍のサコッシュ

以前からちょっとお願いされた、パレスチナ子どもキャンペーン様から、パレスチナの刺繍を使ったサコッシュ作成を
頼まれました。

281A685D-BDF7-4ECF-AE7B-CD050DD52F5C.jpg
パレスチナの民族衣装や刺繍は、大英博物館にも所蔵されほど、有名で貴重なのですが、度重なる紛争で、刺繍をする機会も失われているのが現状の様です。

ただ、今また、この刺繍で作った雑貨で外貨を得ようと支援している日本の方もきたりして、そんなお手伝いもしたりします。

FB06320C-8FCB-48BD-AA85-06A298FDD680.jpg

いつも思うのですが、このパレスチナの女性の刺繍は、精密で見事で

誠実で几帳面な人柄がわかります。

刺繍の起源は定かではない様ですが・紀元前15000年には、針が出現し、 
紀元前3500年頃のスカンジナビアのチュニックには  花模様の刺繍が施されていた様です。

様々な文化が混じり発展していますが、
女性が子供に持たせる衣装、その時の想いなどは、パレスチナの女性も、太古の昔も、今も何ら変わらないのだと、思うと、
このなんとも言えない愛着の意味がわかる気がします。
BC1493BF-10E7-477C-81CD-767AD04C63B8.jpg


posted by risanagisa at 07:37 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする