スポンサードリンク

2015年09月24日

大きなマザーズバッグオーダー


メルカリさんで、オーダーいただいたマザーズバッグ。

巾50高さ30マチ18の
ちょbigサイズです。


CC8E1C23-CD94-42F6-BBA6-624CDD744C1A.jpg

この大きさにもかかわらず、
ライトキャンバスをメインに使ったので、
また、持ち手の太さもあって、
持った感じがとても軽いです。


534471DE-77B6-4F67-91A4-437C0A5D5310.jpg


もちろん!ファスナー付き。
50c
のロングファスナーなので!開閉ご楽です。

貴重品ポケットと、キーループ、
書類ポケットもご要望でつけました。
43464179-62D1-4A7B-B560-7692E7990C63.jpg


初めて使用したピンクとブルー黒のストライプは、

フランス stof社のストライプ。

ありそうでないカラーリングが大好きです。

少しザクッとした織り柄で、カジュアル感が
とても良いです。

黒革がアクセントになっています。

8EEDD7E0-C7ED-40B8-8AB5-12130F16E236.jpg


まるで!スタイリストさんが持つくらいの大きさとオシャレ感で、
私は大満足!



自分は、休日にバドミントンをするのですが、

横幅が広いので、

バドミントンラケット、しゅー、着替えまで入れて、練習に行くことも出来る!!

発見です。0B0DF434-9B07-4D42-96CB-751DE86291C2.jpg

スポーツバッグに飽きてきていたところだったので、
時間出来たら、作りたいですね。




posted by risanagisa at 08:35 | Comment(0) | 作り方 製図ポイントテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

膝から出ない!4つポケットトート

通勤電車の中で 横隣りの人にバッグがはみ出し 気になったことはありませんか?
そんな、膝からはみ出ないバッグです。


7E32EFA9-2DDA-48FA-94AE-E80BA859C18D.jpg


オーダーをおうけしていると、

バッグが、いかに人の側にあるか、

痛感します。

洋服の次に近い場所にいつもあるんですね。
だから、人によって、こうありたいという思いが、
全く違うんだということを 日々勉強しています。

今回は 電車通勤。

混雑している電車の中で うまく坐れても バッグの置き場に困ること
ありますよね。

大きなバッグはもってのほか。
仕事に行くのに最低必要な A4の大きさも、バッグになると
膝の上に倒しておくと 横幅がはみ出してしまいます。
もちろん人によって 膝の幅が違うので(笑)大きさが何センチとは
言えないのですが、

その横幅にこだわったバッグを作りました。


911C8D41-7BAC-4435-B1B7-5DE9185B2BC7.jpg

マチ→厚みを持たせて、横に広がるのを少なめに。
横のポケットもありながら 無駄に広がらないように工夫しました。

これから 出品する予定です。


8BEF751B-F3D7-48D4-8274-B8E96A4BFEEE.jpg07120BBD-7530-4227-B91A-4EA32CE79270.jpg



でも、やっぱり このバッグの最大のポイントは
カラーのかわいさでしたねー。


11号キャンバスと フランス stof者のカラフルストライプの相性が

まさにカジュアルキュート といった感じ。
あまりのかわいさに  小さな生地ももったいなくて

小さな小銭入れまで 作ってみてしまいました。

もちろん ショルダーと ファスナーもつけています。


BA48D2CA-0E86-446E-805F-FC11102D9504.jpg




posted by risanagisa at 20:31 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

オーダーバッグ注文

バッグのオーダーが好調で
ブログを書く時間や型紙を公開する暇がなくて


申し訳ありません、


作業場も、いまや、美しくもなく
こんな状態に積みあがっています。





661605F2-D83D-4E77-88EF-FB2DBECE25ED.jpg


真ん中に鎮座しているのが、
中学生の時に買ってもらったToyotaの
工業用ミシン。往年の
フリーアームです。

当時は、こうやって土台が外れて、
袖口や、輪っか状のものが
簡単に縫えるのが、画期的でした。

かれこれ30年!
さすがToyota
モーターにも未だ全く不具合がなく、
ベルトや、パーツも健在です。

素晴らしい!

未だにあるか、調べてみました。

Toyotaミシンという会社は存在していて、
創業者は、なんと、あの自動車と同じ
豊田喜一郎氏

安定して力強くはりが落ちていく様は
なるほど、と思えます。

後継モデルかどうかわかりませんが、
数少ない現在のラインナップも

シンプルで 使いやすそうです。
まだまだ頑張って欲しいですが、
次を買うならやはりtoyotaがいいですねー
posted by risanagisa at 20:49 | Comment(0) | バッグ作り方 ポイントテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする