スポンサードリンク

2015年06月28日

マリンショルダー 実物大型紙ダウンロード開始!!

先日納品した クラーククラークのマリンショルダー


お客様のご要望で

レトワールデュソレイユのマリンショルダーからイメージし

大きさやシルエットを写真から推察して かなり近くイメージで
作れたと思います。

A4F5C7E3-C083-4269-8F0B-22060DC900F2.jpg

持ち手をDカンをつけて 取り外し可能にしたり
逆に 短め持ち手を 一緒に縫い付けてショルダーにしたり

またまた  革持ち手を後付して ショルダーのみにしてもいいですね。




明日から 鎌倉SWANYでは、バーゲンセールに入ります♪

自分用ショルダーに なにかインポート生地をゲットしてきたいなと
ワクワクしています


爽やかな STOF社のストライプも 素敵です。






実物大型紙は下記からダウンロードできます。

簡単な作り方も乗せておきましたので、是非 作ってみてください。

shoulder bag.pdf




posted by risanagisa at 07:45 | Comment(0) | 実物大型紙ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

クラーク&クラークのマリンショルダー


こちらもオーダーで、完成しました。

すっごく可愛くて、よくできたときは、
手元から手放すのが淋しい気持ちになります。
お嫁に出す気持ちです…


C7721BE5-4234-4CC2-BD85-D0371766620A.jpg

こちらは、依頼で、レトワールデゥソレイユのマリンショルダーのイメージという事。

ウェブの写真を穴が空くほど
眺めて、かなり忠実に、形作った会心の作です。

ショルダーと斜めがけの2way




77A62E16-343F-40A5-8CD4-FDE8ADCB59FE.jpg



生地は、イギリスのインテリアテキスタイルメーカー  クラーク&クラークです。

同メーカーなので!ストライプとヨット柄も、雰囲気がぴったりです。


作ってみるとわかる、とても使いやすい形状。

後日、実物大型紙、アップするかもしれないので、
お楽しみにね!


8290D119-F1B0-4BE3-AAEB-5040C5787269.jpg


マリンショルダーは テトテで販売中です  https://tetote-market.jp/creator/risanagisa/


レトワールといえば、一番人気の4つポケットトートもこちらから
イメージを頂きました。





もちろん本物にはかなわないけど、色々見ながら工夫することで
とても勉強になるんです。

実際 金具やファスナー 革 型押しなど、とても個人では手に入らないものが多いのですが
そこは、工夫と 他のハンドメイド資材を作ってくださる方に 助けられています。



posted by risanagisa at 22:46 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

マザーズバッグオーダーメイド

さらに、バッグは大きくなっていきます!

先日依頼のあったマザーズバッグ

かなり、大きいです。






5B5F6871-3E06-4BB4-8ACB-2567AA81ACDE.jpg




一泊旅行は余裕でいけそうです。

色々なご要望を一つ一つ考えながらやってみましたり

とっても勉強になります。

ファスナーは、長めにして、ファスナーなしでも、中に入れ込んですきっと使いたい。

なるほど、そういう意味で長めにするんですねー

外側ポケットは、バランスで作ると大きすぎて、

デザイン兼ねてアンティークスナップをつけ、大きさを広げられるようにしました。


内ポケットでの要望、
A4サイズの書類が入る、書類ポケットも初めてです。

これは使い易いです!

もらったプリントや、持っていかなければいけない書類が、折れてしまうのって
嫌ですよね。

573B707F-3E29-4EC4-A83E-024DDD601AB5.jpg


まだまだ、改良の余地はあります。

それは、重さ。

外側を8号キャンバス
内側初めて、コットンオックスで薄めにしたのですが、
2重になっている分、どうしても
重めになってしまいます。

でも、しっかり自立させたいし、
やはり、軽くてしっかりする芯を探すしか
ないですね。


オーダーは、とにかく色々考え挑戦するので、楽しくもあり勉強になります。

オーダーありがとうございました!


posted by risanagisa at 06:38 | Comment(0) | ハンドメイドいろいろ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

型紙無し!簡単裏無しキャンバストート 創り方

キャンバスは、裏や芯が無くても、自立してくれて自作バッグしては、なくてはならない素材



使いやすい キャンバス地の一枚仕立てトートバッグ

簡単作り方を紹介します



型紙も要らないので、ある生地の大きさを利用してで作ります。

では



@長方形のキャンバス地を用意。

あと、持ち手テープを好きな長さ用意してください、





A両わきを三つ折りしてステッチをかけます。



光織ステッチは難しそうですが 初めに右端で光織を作り

右手にアイロン持ちます。アイロンを左に移動しながら 左手で巻き込むようにしていくと

簡単に折られていきます。











B 底をジャバラに追って脇を縫います。



じゃばらは、まず 口を上にして二つ折りにします。

IMG_5640.JPG















次に 2〜4cmくらいバランスを見て谷折にします



ひっくり返して裏を見るようにします。



IMG_5641.JPG

















さらに反対側を 口の高さに合わせて織り上げます

IMG_5642.JPG











蛇腹を重ねたまま
脇を縫います。




C入り口を三つ折りにして、

持ち手テープを挟み  仮縫いします。

表からステッチをかけて出来上がりです。簡単ですねー!

IMG_5654.JPG



















小さすぎたので、植物ポットをいれると

とても可愛くなりました♪

IMG_5651.JPG















★キャンバス地を縫うときのポイント



よく デニムや キャンバスが縫えない!といってくる人がいます。

確かに ミシンの性能にもより、縫えないこともあると思いますが、

それでも何とか縫える方法  ポイントを少し紹介しますね。


アイロンがけだけでは足りない!


とにかく叩け!


キャンバス地は硬くて なかなか折れてくれませんね。特に縫い代が重なった部分は

針が折れてしまいます。

そこで、文鎮かなにかで、叩きます。



本当は傷つかない 幅広の木槌が良いのですが、うちにはないので

裏にフエルトが張ってある文鎮でたたきます。

これは、とにかく強烈です。

繊維が壊れて柔らかくもなりますし つぶれて縫いやすくなります。


それでも縫えないときは 1針ずつ手回しで


それでも硬すぎるときには 右手で手回ししながら 1針ずつ縫います。

手が疲れてしまうので、微妙に電気を入れながら(私は足で踏みながら)

縫います。


表から縫うテクニックを身につけよ




縫い目は 厚地になればなるほど 表のほうが美しいです。

三つ折りステッチも 何とか表からで落ちないように ステッチがかけられる

テクニックを身に着けたいものです。

ポイントは 左手です。



きちんと 正確な幅で折られていることは園丁なのですが、

それでも、曲がっていたりしますよね。

左手の指先の感覚に集中して 左手を生地の下に置き

三つ折の端を認識するのです。練習すれば

端 2mmくらいでは余裕で縫う事が出来るようになります





はじめは何本も 針を折ることと思いますが、めげずに

縫っていきましょう!



使う針は 14号

こちらがお安いです。

町で買ったら 2倍以上の値段で驚きました!!











71032オルガンミシン針#14

71032オルガンミシン針#14
価格:162円(税込、送料別)



posted by risanagisa at 16:17 | Comment(0) | 作り方 製図ポイントテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

バッグの底板

夏が底まで来ていて



布バッグのシーズンまっさかりです。





最近はずいぶんと オーダーを受けるようになって来ていて

いろいろな要望をお聞きするのが すごく勉強になり

また自分が思いもつかないことをおっしゃるのが とても楽しみで

ワクワクします。



今日 あと 底板まちバッグ。

C208F8B5-8AE9-4D9B-8EFE-1C2897102234.jpg



赤と黄色系の生成りの
新しいカラーリングで、えっと、初めは思いましたが、



とんでもなく  可愛い!!!





娘も 絶対欲しい!とリクエストしてきました。





さて、待っている 底板



この底板があるのとないのでは、全く違うんです

かばんの  つら というか、表面まで なんか凛としてくるような

力を持っています。





なので最近の私の 大き目のバッグには 必ず入っています。

素材は ベルポーレンという素材。



柔らかさがあるのに しっかりしていて はさみやカッターで

難なく切れるところが  とても扱い安いです。





厚みが色々あるようなんですが、私は1.5mmが一番使いやすいと思います。



柔らかすぎず  硬すぎず はさみやカッターで

しゅっと切れます







裏布と同じ素材で くるんで底板にする場合もありますが、

表面がきれいなので



白黒ストライプなどには、とがった角を切り落として

そのまま 使ったりもします。


周りをパイピングしたりするのもありみたいですね。




何故か、これは、同じものだと思うのですが、ショップによって
値段の差が激しいんです。




なので私はいつも、


ナカムラ手芸さんで、他のものと一緒に
購入。




送料が気に入らないのですが、
でも  やはり全体に安いので。




おすすめです♪





posted by risanagisa at 22:24 | Comment(0) | ハンドメイド材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする